備梵録

que sera sera

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インビンシブルの組み立て②

インビンシブルの組み立て②です。

組み立て①はこちら

大変長らくお待たせしました。
ここまで遅れてしまったのは全て私の不徳の致すところです。すみませんでした。

◆胴体

左の6つのパーツを縦に積み上げて右の様に
一番下のパーツはこの時点では接着しないようにしてください(次の画像に続く)

P1020835_1.jpg

円柱のパーツ、脚部接続用の穴が4つあるので、組み立て①で組んだ脚部をここに接続したうえで胴体の一番下のパーツを接着してください。(塗装後に行うのが良いかと)
なお脚部4本と胴体部は金属線での補強をお忘れなく。ぐちゃっと縦に潰れてしまいますので。

P1020838_1.jpg

◆胴体(リア)

背中は以下の3パーツを。スラスターには上下の向きがあるのでフィン部分が∠の向きになるようにしてください。

P1020837_1.jpg

◆胴体(フロント)

ここは特に説明は必要ないですかね。画像を参照にください。

P1020840_1.jpg

◆マシンキャノンとミサイルコンテナの基部

ここでお詫びを一つマシンキャノンの砲身のパーツ(4本)が手元に残っていない状態でして…
申し訳ありませんがここは完成見本の画像を参照してください。ポイントは基部のスジボリと砲身が平行になるように組み立てることです。

P1020843_1.jpg

◆腕部

以下のパーツを画像の様に組み上げてください。
シールドと、モナカ割りのキャノンの基部部分、砲身の先のパーツは合わせ目消しを。
黒い四角で囲っている部分はwaveのPC05の"A"のポリキャップを仕込むことでキャノンの可動化ができます。
(単純に軸に合わせた穴掘るだけでも十分かも…?)

P1020848_1.jpg

更に上記の5パーツを以下の様に組み上げれば腕部は完了です。


画像だと分かり難いのですが、キャノンの根本に彫ってあるディテールが横を向くように。

P1020850_1.jpg

センサーは後ろ側には無い設定なのでパテ等で埋めてください。
(原型を左右兼用にした都合で両面に彫ってあります)

P1020852_1.jpg

胴体と腕部は以下の画像の位置で接着を

P1020853_1_20130412232846.jpg


以上で胴体と腕部の組み立て完了です。


組み立て③に続きます。(ミサイルコンテナ)


スポンサーサイト
  1. 2013/04/12(金) 22:42:28|
  2. インビンシブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インビンシブルの組み立て③ | ホーム | インビンシブルの完成見本(粗)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bibon6.blog57.fc2.com/tb.php/307-908a8591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
/

Twitter

 

最近のトラックバック

検索フォーム

カウントダウン


50cc -> 80cc

さとっぺ

Author:さとっぺ

カテゴリー

最近のコメント

色々

スティッカムで簡単ライブ動画配信

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。