備梵録

que sera sera

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先程発生した地震について

|´ー`)ノィョゥ


死ねばいいのに。

588418216.jpg



|彡サッ
スポンサーサイト
  1. 2012/05/29(火) 02:03:36|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザクスナさん

|´∀`)ノィョゥ


基本工作が一通り終わったので覚え書きを兼ねて。


まずライフルはバレルカバーを肉抜き。根性が必要。中に3mmのプラ棒を。

P1020065(1).jpg


スコープの中には3mmのLED。スコープの後ろからD1-15のパーツを使わずに配線を逃します。
1mmのスプリングとモビルパイプを被せて配線は隠す。
一旦ライフル内に戻した配線はキット通り、バックパップに流します。

バレルチェンジレバー部分も真鍮線で別パーツ化。もち可動。

P1020067(1).jpg


メッシュパイプの前後。E-9とE-11は配線を通すためにドリルで内部を貫通させます。
E-9はinとoutのラインが交差しない形なので、横から連絡路を彫って、貫通後は壁を埋めるという荒工法。

P1020068(1).jpg


ライフルの先端を別パーツ化し、バレルの後ハメ。バレルには穴を彫っておき、この穴にバレルチェンジレバーを通す。

P1020078(1).jpg


バックパックは背中側を分割して合わせ目の変更。これで目立たなくなるでしょう。

P1020070(1).jpg


左の握り拳はHDM。手首にはフラットバーニア9㎜でポリ隠しを。

P1020063(1).jpg


ショルダーアーマーはタミヤのL字棒5mmを使ってポリ隠し。ポリキャップは軸に対して前後で1mmずつカットしてる。

P1020062(1).jpg


アンテナは0.5㎜の真鍮線と1mmのスプリングに置換

P1020064(1).jpg


ブレードアンテナは先端の尖らせ方を変則的にしてみたけどだせぇなこれ。失敗。
あ、バルカンの穴開けないと。

P1020074(1).jpg


頭の下っかわをぐるっとくり抜いて内部のユニットを後ハメ化。これで外装は合わせ目消せる。

P1020075(1).jpg


左膝の肉抜きはきちんと埋めたけどここまでやらんでよかったかな。時間の無駄。

P1020069(1).jpg


膝関節はL字に分割しました。ほぼ目立たないのでオススメかと。

P1020076(1).jpg
P1020077(1).jpg


膝の裏は難儀しました。マルイチを埋めています。

P1020073(1).jpg



| 彡サッ
  1. 2012/05/04(金) 18:16:26|
  2. プラモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
/

Twitter

 

最近のトラックバック

検索フォーム

カウントダウン


50cc -> 80cc

さとっぺ

Author:さとっぺ

カテゴリー

最近のコメント

色々

スティッカムで簡単ライブ動画配信

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。